納品事例|浜松市S様邸「天然木の魅力」

2020.08.09

納品家具 納品家具 納品家具 納品家具 納品家具 納品家具 納品家具 納品家具

こちらのS様邸には、LDKの家具を一式納めさせていただきました。
積水ハウスで建たれたシンプルな内装。床はアカシア材です。
リビングは広松木工の「リポーゾソファ」に「ベラクレッパ199TVボード」の組み合わせ。黄金の組み合わせと言っていい程フォルムスでは定番の組み合わせです。

TVボードの顔(正面)、ソファの後ろ姿がともにすごく美しい。食事をしながらでもなんだかいい気分になります♪
家具、特に座るものは、自分が座っている時は椅子を見る事はできないので、やはり後ろ姿は大事。座っていなくても、ふ とした時に目に入るその佇まいが素敵だと、毎日の生活もまた違ったものになるような気がします。

ソファには合わせてクリッパンのコットンブランケットを★リポーゾソファの生地は丸洗いできる生地ですが、それでも小さなお子様のいるご家庭ではソファのカバーは必須!ベルベットのようなモコモコの織りがソファの生地と摩擦し、ずれにくく、そしてこのカバーも洗濯機で丸洗い◎とっても人気でオススメです。ソファをお買い求めの際はぜひこちらのコットンブランケットも!

ダイニングは飛騨高山の黄金コンビ♪
ダイニングテーブルは飛騨高山の雉子舎の耳付き接ぎテーブルです。ダイナミックな木目に魅せられ、即決下さいました。こちらのテーブルは「吸いつき蟻桟」という技法を使ったテーブルで、いわばお寺の家具バージョン。釘やネジを一切使わずに木組だけで作られている素晴らしいテーブルです。この技法を使ってテーブルを作れる工房はそう多くはございません。木材の性質を殺さず、活かしながら育てていく。そんなテーブルなんです。

チェアは高山ウッドワークスの「SC3Kキャプテンチェア」と「ベンチ」の組み合わせ。
ウォールナットとオークのツートーンが何とも言えない雰囲気で、どうしても売れてしまう椅子です。この度はダイニングテーブルも天板と脚でツートーン。バッチリでした♪

CATEGORY